Tag Archives: 豆腐

ヨモギ豆腐


1週間くらい前から、ラジオ体操に行ってます。「行ってます」というのは、垂仁天皇陵(右写真クリックで拡大)の近くまで行って、体操をしているのです。毎朝何人かが集まって、ラジオ体操をされていることを、ご近所の方から聞いていました。毎日行くこともないし、行きたい時だけ行けば良いということなので、気楽に参加してみました。朝の光と朝の空気、何と気持ちの良いことでしょう!部屋の中でラジオ体操をしているより、ずっと清々しく気分爽快。これからも、行ける時はなるべく行きたいと思っています(^^)

ちなみに、今月(4月)のヘッダー画像「菜の花畑」の背景左側に見えているのは垂仁天皇陵です^_-(→2013/04/11参照)

さて、今日のお料理は、ヨモギを使った料理です。自分で摘んで来たヨモギ(→2014/04/12参照)で、ヨモギ豆腐を作りました。火にかけて練ること15分ほど、鮮やかな緑色が損なわれはしないかと、少し心配でしたが、きれいな緑に仕上がりました(左写真クリックで拡大)。このヨモギたち、かなり香りが強く、味も濃いものです。ヨモギの苦味と香りで、春を満喫した気分です(^^) by  ichi

立春過ぎたら…/黒ゴマ豆腐


立春を過ぎたというのに、寒さが厳しいですね。春のような陽気の後の寒さだけに、結構辛いものがあります(^^;;。どんなに寒くても、立春を過ぎたらいつも、明るい色の物を身につけたくなります。コートやバッグ、マフラーなどの小物…。そんなところから、少しずつ少しずつ、春へと向かって行きます。

お惣菜は、自分たちも食べるので、常にいろいろと作っていますが、お客様の為にしか作らないお料理もあります。ゴマ豆腐も、そんなお料理の一つ(左写真クリックで拡大)。自分たち だけの為には、決して作りません。そういうお料理は、裏を返せば、来てくださるお客様あってこそのもの、お客様に作らせていただいているということです。 そう思いながら作った今回の黒ゴマ豆腐、お客様にも大変好評で、喜んでいただけたようです(^^) by  ichi

ゴマ豆腐革命 (妙心寺料理教室 2013.12)


京都の妙心寺・東林院での料理教室に参加しました。3度目です。12月はゴマ豆腐を作る、と聞いていたので、是非ともと思って申し込んだのでした。右は東林院の庭に咲いていた、目に鮮やかな千両です(写真クリックで拡大)

さて、ゴマ豆腐は時間がかかるので、和尚さんの最初のお話も短めで、すぐにとりかかりました。ゴマをすっていると、ゴマのよい香りがしてきます。その内粘りが出て来て、段々重くなって来ました。まだまだと更にすり続けると、次は油が出て、逆に少し軽くなります。そんな変化をしっかり感じながら、やっとOKが出ました。水を入れて漉し、葛粉を入れていよいよ火にかけて練ります。

ゴマ豆腐は、私自身、今まで何百回と作って来ましたが、火にかけてからの練り方が、自分が教えていただいたやり方とは全然違っていて、ただただ驚きでした。

今までは、とにかくよく練る、特に固まり出した時は、必死で練っていましたが、今回教えていただいたやり方は、余り練らない。固まり出してもサラッ、サラッとしゃもじを返すだけ。まだらに固まって、つぶつぶが出来るのでは…とドキドキしながら見ていたのですが、全然大丈夫、なめらかなゴマ豆腐になりました。

この作り方は、私にとっては「革命的」です。早速やってみよう!と思っています。ゴマ豆腐ひとつで、こんなにも作り方が違うなんて…。やっぱり料理は面白い(^^)。今回も、とても勉強になる教室でした。 by ichi

擬製豆腐/アロエの威力


実家に帰った際に、アロエの鉢植えをもらって来ました。アロエがあると、傷や火傷にも効くし、何かと便利です。最近、danの足のかかとが、両足ともかなりひどくひび割れている状態でした(かなり深いひび割れが数本ずつありました)。毎晩寝る前に、アロエの葉肉を貼ってみたところ、保湿クリームを塗ってもパックリ割れて開いていたのに、少しずつ割れ目が塞がって行き、数日間で随分回復しました。さっすがアロエ!(danもビックリしてました。効能その他についてはこちらが参考になります) これらも、いろいろと役に立ってくれそうです(^^)

さて、左写真は、精進料理ではお馴染みの「擬製豆腐」(クリックで拡大)。お豆腐をしっかり水切りすることと、なめらかになるまで、すり鉢でよくすることが、ポイントでしょうか。ちょっと手間がかかりますが、美味しさには欠かせない「手間ひま」です。 by ichi

定番、黒ゴマ豆腐


お馴染みの「黒ゴマ豆腐」です(左写真、クリックで拡大)。これまで、ブログに何度も登場しております。かつて、あるお客様から、「黒い宝石」と表現していただいたことがあります。

ちょうど一年位前、あす香スタッフのチカちゃんが、酒豪のお友だちと食事に来てくれた時の話です。2品目か3品目に、黒ゴマ豆腐を出したところ、ドリンクがビールから日本酒に変わりました。軽いビールよりも、重めのお酒の方が、ゴマ豆腐のコクと釣り合う、ということでしょうか。わかるような気がします(^^) by ichi

ふんわり豆腐蒸し


夜のコースの一品です。これからの季節、温かい蒸し物が、献立に入ることも、多くなりそうです。手に持った時の、器の温かみも、じんわりと嬉しくなります。

ふんわり豆腐をスプーンで食べて行くと、中には…。まあ、それは、召し上がっていただく時の、お楽しみにしましょう(^_-)-☆ by ichi

黒ゴマ豆腐


9月も半ばになって来ました。まだまだ日中は暑いですね~。でも、夕暮れが随分早くなりました。秋の陽は釣瓶落とし、これからどんどん早くなって来るのでしょう。

約1ヶ月ぶり位に、ゴマ豆腐を作りました。実は、このゴマ豆腐を作る時に、良かれと思ってしたことが、思うようにならず、また一つ勉強になりました(ゴマ豆腐自体は良い出来で、お客様にも喜んでいただきましたが^^)。経験値が一つ上がり、料理の奥深さをあらためて感じた次第です。 by ichi

ゴマ豆腐(温めバージョン)


梅雨明けもまだだというのに、早くもセミの脱け殻が庭に転がっていました。暑い熱い夏も、もう間近に迫っているのでしょう。

焼いて温めたゴマ豆腐、常連様にはお馴染みの食べ方です。初めて召し上がっていただくお客様は、大概「えっ、焼いてあるんですか?」と不思議そうにおっしゃいます。器を下げに行くと「美味しかったです。」とお声がかかり、心の中でニンマリしています(^^) by ichi