Tag Archives: メガネ

新しい眼鏡/大好きな豆・まめ・豆(^^)


年明け早々に、眼鏡を作りに千葉へ行きました。あす香の常連樣にはお馴染みの?「眼鏡のとよふく」さんへ。3度目の眼鏡作りの遠征です。初めて豊福さんのお店を訪問したのは、10年前でした。眼の使い方、そのひとの考え方や性格・人となり、生活習慣など、いろいろと引き出すようにお話しをしながら、丁寧に検査をしてくださったのに、凄く感動したのを、今でも覚えています(前々回 → 旧あすかDiary 眼鏡のはなし その1 その2 その3 / 前回 → めがね 参照)

今回は、体幹が狂ってる、とのご指摘。そして、それはコンタクトレンズのせいであると。コンタクトをやめて眼鏡中心の生活になって、10年以上経ちますが、今でも「ヘナ(毛染め)」の時だけは、使い捨てのコンタクトを入れています。でも、月に一回、ほんの数時間程度でも、コンタクトはダメと言われました。

例えれば、アル中だった人が、長い間お酒をやめて「もう大丈夫!」と思っていても、お猪口一杯でも飲んでしまうと、たちまち元に戻ってしまうのと同じです、ということでした。コンタクトの弊害については、他にも例を出してお話しくださいました。とにかく、今後 コンタクトは絶対入れないことにしました(下左は届いたマイめがね。下右は新幹線から見えた富士山^o^)

さて、今日のお料理です。千葉で、大学時代の友だちに会うことができました。手土産にと、乾燥豆を数種類持ってきてくれました。なんて嬉しいことでしょう‼ 私の豆好きを知ってたの~⁉ 早速、ミックスビーンズと、お正月前に買ってあった 丹波の黒豆を炊き、一緒に盛り付けました。何種類かの豆が、一度に味わえて、豆好きには堪りません(^^)

添えの「とんがり帽子」(野菜)は、ロマネスコです。これまでお店で見かけても、買うこともなく、何となくスルーしていたのですが、豊福さんのお店の、カフェスペースでいただいたランチに、このロマネスコが盛り付けてあり、初めて食べたのでした。房に分けると可愛いし、色は優しい黄緑色、食べても特にクセもなく、使いやすいことが分かりました。今後、脇役としての登場が増えそうです(左写真クリックで拡大)^^ by ichi

デスクワーク用が快適/新しいメガネ その4


その3より続く) danも、先日、眼鏡のとよふくさんで眼鏡を作って頂きました。10数年間ずっとノンフレーム眼鏡をかけてきた私は、今回、軽さよりも剛性を重視してチタンフレームを選択。色や形で冒険することも考えましたが、最終的に選んだのは、飽きの来ないシンプルデザイン(左写真は日常用に新調した MASUNAGA 3302 )。真面目さの演出に一役買ってくれそうです(笑)

オールマイティな(全てのシーンに対応できる)眼鏡を一つ作るという選択肢もあったのですが、とよふくさんと相談した結果、日常用(遠近)とデスクワーク用に特化した眼鏡(近々)の2種類を作り、かけ分けることにしました。そういえば、最近は年齢を問わず、パソコン用の眼鏡が売れています。

実際、パソコン/デスクワーク用眼鏡の威力は絶大で、半径数十センチ内のものが劇的に見やすくなりました(右写真クリックで拡大)。今まではディスプレイに向かう際、眼鏡を外した方がよく見えていたのですが、傍からみると、眉間にしわを寄せて眼を画面に近づけるようにして作業をしていたらしい(疲れやすい&集中力が続かない要因になっていた?)。ichiが前に書いたように、とよふくさんの眼鏡だと利き目偏重も是正されるためか、遠くのモノであればより立体的に見え、手元の文字であれば情報が目に飛び込んで来る感じになります。本当に快適です(^^) by dan

ちなみに、デスクワーク用眼鏡のレンズはHOYALUX レクチュール。昔と比べて、レンズもどんどん進化しているんですね。J-EYEさんの説明がわかりやすくて勉強になります(>HOYA LECTURE 最新情報

新しいメガネが届きました!/新しいメガネ その3


その2より続く) 「眼鏡のとよふく」さんから新しいメガネが届きました!早速掛けていますが、慣れるまで少し時間がかかりそうです。よく見える(見え過ぎる)ので(笑)、キッチンでは今までのものを掛けています。徐々に使いこなして行きたいと思います。

選んだフレームはオプティック・マスナガの FLEA というブランド(F-802)。いい画像がなかったので、めがねのワタエさんから写真をお借りしました(右写真クリックで拡大)。余談ですが、ワタエさんはichiの大学の先輩の実家。danも眼鏡を購入したことがあるお店だとか…。

今回のメガネ作りで、メガネのお手入れについて、初めて知ったことがあります。

・メガネはティッシュで拭いてはいけない。
・メガネはお湯で洗ってはいけない。洗うのなら水洗いで。
・洗剤を使うなら、中性洗剤で。

メガネが汚れたら、メガネ拭き用のクロスで拭くのが、一番良いようですね。今まで、何も考えず、ティッシュで拭いていました(^^;;。それから、汚れ落ちが良いと思って、お湯で、しかも弱アルカリ性の洗剤を使っていました。メガネを洗った後は、水分を取るのにティッシュを使っても良いそうですが、その場合は軽く押さえるようにして、ということでした(こすらないように、ということでしょう)。また、運転用のメガネを、車の中に置きっぱにして、買い物やお茶をしていたことも度々ありました。メガネは熱に弱いということです。

知らなかったこととは言え、御法度のことばかりして来たようです(^^;;。メガネ愛用者の皆さん、いろいろと気をつけましょうね!(続く) by ichi

眼鏡のとよふく/新しいメガネ その2


その1より続く) 普通、視力はどんどん悪くなるもの、メガネの度は進むもの、と考えられています。でもそれは単に思い込みであるようです。豊福さんのメガネ作りは、視力1.2 まで見えるようにとか、1.5まで見たい、というような単に視力を追求するものではありません。眼の負担を軽くすること、ラクに見えることを一番に考えてお られるようです。眼の負担が少なくなると共に、眼の力を引き出すように、養うようにも考えられています。

なので、豊福さんのメガネを使っていると、視力が 上がるということが起こります。勿論、その人の食生活を含めた生活習慣や、酷使しているか、ちゃんとケアしているか、などで個人差はあり、誰もが視力が上 がる、というものではないのですが…(余談ですが、豊福さんでメガネを作った方が、余りに調子が良いので、かえって無理をしてしまい、トラブルが起こった という話を、聞いたことがあります^^;;)

さて、danに続いて私が検査室へ。独特の方法で、検査は進んで行きます。そして私も視力は上がっているということでした。今まで、普段使い(少し運転するには不安)と運転用と、2つのメガネを使っていたのですが、視力が上がったので、普段用のものでも、慣れた道なら運転できる、と言われました。

検査も終わり、新しいレンズも決まりました。いよいよフレームを決めなければなりません。最終的に2つに絞り込み、掛け比べを繰り返し、やっと決めました。今は、新しいメガネが届くのを、ワクワクしながら待っています。早く慣れて、しっかり使いこなしたいと思います^^(続く) by ichi

眼鏡のとよふく/新しいメガネ その1


この度、メガネを作り替えるため、千葉まで行ってきました。前回作っていただいた、「眼鏡のとよふく」さんへ再びお邪魔しました。前に作ったのが、もう5年余り前のこと、相変わらず調子は良いし、ラクに使えています。しかし、40代50代は眼の状態も変わり易い時、そろそろ作り替えの時期かなー、と思ったのでした。

お店の一角にあるカフェで、先ず穀菜食のランチをいただきました(要予約)。タカキビのハンバーグの他、いろんなお料理がワンプレートに美しく盛り付けられています。料理のお手間と込められたお心を、十分感じながら、美味しくいただきました(左下写真クリックで拡大)

ランチの後、先ずはdanが検査室ヘ。その間、私はフレーム選び。アレコレと出してくださるのを掛けてみて、これも良いな、アレも好き…、となかなか決められません。そうこうしている内に、豊福さんとdanが検査室から出て来ました。豊福さんの第一声は、「ご主人は、とんでもなく視力が上がっています」(続く) by ichi

■とよふくさんに関しては、旧あすかDiary の記事も参照下さい。
 眼鏡のはなし(その1 その2 その3