Author Archives: dan

じゃが芋とトマトのスープ/ゆの里温泉


前回に引き続き、この夏のお楽しみ第2弾!和歌山県橋本市の「ゆの里温泉」へ一泊で行ってきました(^o^)

日帰りで2度行ったことがあるのですが、泊りは初めてです。日帰り入浴の「ゆの里」の隣に「このの」という宿があります(「このの」は地名の「神野々」から)。宿泊者は「ゆの里」「このの」両方のお湯が楽しめます。地下水の「金水」、温泉水の「銀水」、そして3番目に湧き出た「銅水」がありますが、このの でのみ、銅水に入浴できます(なので、今回が「銅水」初体験。柔らかい、とても良いお湯でした)

入浴後の休息用につくられたヒーリングルームには、ヒーリングチェアがあり、この椅子に寝るのがなんとも気持ちよく、大のお気にいりです。ドイツ製で、65,000円なり!(→こちら参照) きばって働いて、いつかゲットするぞ!(笑)

さて、本題。今日のお料理は、じゃが芋とトマトのスープです。前回のブログに続けてのスープですが、こちらは温かいお料理です。「温かいスープが、嬉しいねー。」とのお声が。冷たい食べ物・飲み物や冷房で、意外と夏の体は冷えています。そんな時に、温かいものは、スルリとお腹におさまります。ホクホクのじゃが芋と玉ねぎの旨味、トマトは火を通すと酸味がやわらぎ甘味が増します。味付けは、お塩とほんの少しの醤油、そして胡椒をちょっぴり。野菜の旨味の中に、ピリリと感じる胡椒が、食欲を刺激します(^^) by ichi

とうもろこしの冷たいスープ/天橋立


なつー‼ ですね~(*_*)。夏休みも始まりました。暑い季節ですが、夏なりの楽しみがありますね。海へ山へと、海外へと、旅行やレジャーを予定されている方も多いと思います。

そこで、私の夏のお楽しみ第一弾、「天橋立へ行ってきました~」編です(あんまり参考にならないかな?^^)。中学時代の同級生たちと7人で、宮津に住んでいる友だちを訪ねて行ったのでした。大阪市内から車で片道2時間余り、往復の車中も現地でもお喋りと笑いが絶えない一日でした。気兼ねなく付き合える同級生たちとの楽しい時間と、美しい風景に、大いにリフレッシュできましたo(^o^)o

さて、本題。今日のお料理は、とうもろこしのスープです。とうもろこし以外にはほんの少しの玉ねぎ、味付けにお塩と白味噌をちょっぴり使います。時々味見をしながら、、火にかけてアクを取っていくと、びっくりするぐらいあまーくなるのです!召し上がったお客様も、「甘くて美味しい~」と大絶賛でした(^^)v 。冷やし過ぎると、冷たさばかりが前面に出てしまうので、ほどよい冷やし加減を心がけました(左写真クリックで拡大) by ichi

茄子の揚げ浸し


毎日暑いですね~(・・;)。蒸し暑い中、それでも足を運んでくださるお客様、本当にありがとうございます。美味しい夏野菜を、ゆっくり味わっていただきたいと思い、毎日元気で料理をしています。

さて、今、茄子が美味しい~!!煮物・田楽・浅漬け・お味噌汁・焼きナス…もう、どう料理しても、本当に美味しいです!今日ご紹介する料理は、私の好きな茄子料理の中で、ベスト3に入るであろう「揚げ浸し」です。

油との相性が抜群の茄子を、ごま油で揚げて、浸け汁に浸しておきます。すると、茄子の旨味と浸け汁が見事に一体化して、深みのある美味しさを作り出します。茄子を揚げると、色が鮮やかな紫色になるのも、美味しさをひきたてる要素となっています(^_-) by ichi

ツルムラサキ


ツルムラサキを、ほんの2本ですが、プランターに植えています。買ってきた時は、10センチほどの苗でした。その後ゆるゆると成長して、ここ一週間ほどで、グングン背丈を伸ばしました。支柱を立てて誘導してやると、すぐに巻きつきました。写真を取った翌日には、支柱の長さより10センチほど長く伸びています。元気~!! これから、お料理にも使っていきます(^^)v

さて、そのツルムラサキのサラダが、今日のお料理です。ナス・きゅうり・ズッキーニと和えました。夏場は美味しい青菜が少ない時期ですが、それだけにツルムラサキは重宝します。少しヌルッとした感じも、同じ夏野菜であるモロヘイヤやオクラと共通しています。ほんの心もち、お酢を効かせたドレッシングで、さっぱりと召し上がっていただきました^^(左写真クリックで拡大) by ichi

長谷寺へ/夏野菜の出番です


やっと、梅雨らしい気候になりましたね。先週、長谷寺(奈良県桜井市)に行きました。長谷寺と言えば、牡丹で有名ですが、「花の御寺(みてら)」と言われるだけあって、いつも季節のお花が迎えてくれるようです。今は紫陽花が見頃です。先ずは登廊(のぼりろう)を進み、ご本尊の十一面観音像を拝み… お寺の雰囲気や落ち着いた佇まい、古寺の風格、初めての参拝でしたが、大好きになりました。また季節を変えて、訪れたいと思います。

さて、本題。本日は、あす香のランチをご紹介します。お料理は、夏バージョンになりつつあります。ナス、きゅうり、トマト、とうもろこし、ズッキーニ… 暑い夏に、体をクールダウンしてくれる夏野菜たちが、登場して来ました(左写真クリックで拡大)。夏の青空にあわせたような鮮やかな色どりが食欲をそそります(^^)。この夏も美味しい野菜をいただいて、元気いっぱいで過ごしたいと思いますo(^o^)o by ichi

映画「君の名は。」


先日、所用で神戸に行き、帰りに三宮に寄ったところ、その日は、奇しくも 12月1日の「映画の日」(入場料が1,000円になるサービスデー)。これは神のお告げでしょう(笑)。ということで、遅ればせながら、話題の映画「君の名は。」を観ることにしました。現時点で興行収入200億円(邦画歴代2位)の大ヒット。ポケモンGO と並ぶ社会現象となっているにもかかわらず、dan は未見だったのです。

リアルタイムで観たか否かはさておき、昨年まで、「君の名は」といえば、1950年代に一世を風靡したラジオドラマ&映画のタイトルだったはず。ところが、今や「君の名は。」(正確には、タイトル末尾に”。”が付く)は、2016年に大ヒットした、新海誠監督のアニメーション映画ということになってしまいました(^^;;

実は、”予習”も兼ねて、新海誠監督の「秒速5センチメートル」(2007)や「言の葉の庭」(2013)を鑑賞済。映像表現の素晴らしさに感嘆しつつも、この2作品には脚本/ストーリーに不満があったのですが、「君の名は。」にその不満はありません。単なる「男女入れ替わりもの」と思ったら、SF、宇宙、すれ違い…様々な要素も盛り込み、今回うまく着地させたな、という印象です。

基本は「ボーイ・ミーツ・ガール」ものなので、深い感動は期待しない方がいいかもしれません。しかし、日常生活の何気ないシーンの表現力(実写で見ているかのように違和感がない動き)は凄いです。「末期の眼」で眺めたように、ひとつひとつのシーンが愛おしく思えてきます。今年最大の話題作として、押さえておきたい一本です(^_-) by dan

奈良マラソン と HARUKAS SKYRUN


めっきり寒くなりましたねー。寒がりの dan は マフラーとコートを身につけていても、電車の中で震えています(^^;;。さて、12/11 (日)に「奈良マラソン」が行われます。当日はマラソンコースとなる幹線道路で交通規制が行われるので、奈良にクルマで来られる方はご注意下さい。フルマラソンのコースは奈良市内で完結していなくて、天理市に折り返し点があるコースのため、天理方面に行かれる方も要注意です。

ところで、個人的に「奈良マラソン」以上に気になっているのが、同日 12/11 に大阪で開かれる Vertical World Circuit /階段垂直マラソン。高層ビルの階段を駆け上がり、そのタイムを競うというレースで、2016年は世界の主要都市9会場で行われました(右画像クリックで拡大)。この大会に”あべのハルカス”が立候補し、この12月、エキシビジョン競技として行われるのです(→詳しくはこちら参照)

dan が OMMビルのオフィスに勤務していた時、足腰を鍛えるために、地下階から最上階まで階段を上り下りしていたことがあります。今回の会場”あべのハルカス”は地上高300m なので、約4倍の高さ。しかし、トレーニングすれば何とかなりそうな気がします(^^)。HARUKAS SKYRUN /ハルカス スカイラン と命名された、このレースが来年も開催されるのであれば、エントリーを考えてもいいかも…。タワーマンションにお住まいの方は絶好のトレーニング環境にあるわけですし、是非チャレンジしましょう(^_-)。今回、日本で初めて開かれるということで、ニュースバリューも高く、おそらく、12/11 のTVニュース(全国ネット)で紹介されるでしょう(その分、奈良マラソンがかすむなぁ^^;;) by dan

人生で一番数多く観た映画/「ファイヤー!!」な話


ネット通販は百花繚乱というべき状態で、どのサービスも他社と差別化するために、あの手この手…。ちなみに、dan は amazon 派です。amazon の Prime 会員になると特定の映画(プライム・ビデオ)が見放題になります。最近のラインナップはかなり充実していて、他の有料サービスは不要かも?と思わせるほど。

さて、先日、プライム・ビデオのタイトルを眺めていて、目に留まったのが「ストリート・オブ・ファイヤー/STREETS OF FIRE」(1984)です。この作品は映画館で観てそのカッコよさにしびれ、レーザーディスクを購入し(後日ワイド版も購入)、CD、DVDも揃え、今回、プライム・ ビデオも観て…。いったい、何回観た/聴いたことやら(笑)。私の人生で最多視聴回数を誇る映画であることは確かです。30年以上前の作品にもかかわらず、今観てもまったく古臭さを感じないのは、私の「格好良さの基準(原点)」がこの映画にあるからでしょう(^^)

プライム・ビデオには、「ストリート・オブ・ファイヤー」と同じ80年代前半の「炎のランナー/CHARIOTS of FIRE」(1982)も入っています。「炎のランナー」は音楽も素晴らしく、映画的感興を呼び起こす傑作であることは間違いないのですが、100回も観ようとは思いません。B級テイストの「ストリート・オブ・ファイヤー」に中毒性があるところが面白いですね^^(約90分という長さもヘビーローテーション向き)。余談ですが、上の2作品のタイトルに共通するワードが”FIRE”。私が常用するPCブラウザは “Firefox” で、Amazon 専用タブレットは “Fire“。見事な FIRE つながりです。ついでに書くと、「ファイヤー!!」と叫んでいたのは福澤朗さんでした(^_-) by dan