Tag Archives: 奈良

とうもろこしのスープ/Corn soup


奈良に蔦屋書店が、この4月にオープンしました(→こちら参照)。ゆったりと落ち着く空間、座って本を読めるスペースもあります。そして、スターバックスが入っていて、お茶をすることもできます。また、文房具や「遊 中川」さんなど、雑貨のお店も入っていて、ブラブラ見るのも楽しいです。

書店ということもあってか、BGMは流れていますが、百貨店やショッピングモールのような館内放送が一切ありません(ふつう、結構ひっきりなしに流れています)。これもお気に入りの要素の一つ。2週間ほど前に、初めて行ってから、既に4、5回行っています。なかなか良い場所を見つけました(^^)

さて、今日のお料理です。段々 秋めいて来ましたが、まだまだ日中は暑いですね。夏野菜と秋の野菜を両方楽しめるこの時期、凄くお得な気がします。夏野菜のとうもろこしが、まだまだ美味しくいただけます。久しぶりにスープを作ったら、なんとも甘くて美味しい!

とうもろこしと少しの玉ねぎ、調味料は、塩とほんのちょっぴりの白味噌です。召し上がったお客様も、「あっま~~~」(「甘い」の最上級か?)と喜んでおられました。大阪時代のあるお客様が、昨年お食事に来られた時に、「とうもろこしのスープが、忘れられない」とおっしゃっていました。今回のこのスープも、お客様の記憶に残るものになれば良いなー、と思います(左写真クリックで拡大)^^ by ichi

はくさい・菊菜・リンゴの和え物/Chinese cabbage, chrysanthemum and apple with a dressing


2月8日(土)~14日(金)の間、奈良公園一帯で「なら瑠璃絵」というイベントが 開催されます。冬の奈良を美しく彩る瑠璃色の光の祭典です。と、ご紹介をしたものの、私はまだ一度も行ったことがありませんf(^^;;。毎年行きたいなーと思いつつ、なんせ、奈良の冬は寒ーい!夜はできれば出たくなーい!で行かず仕舞い。毎年会期が過ぎてしまうのでした。今年は、暖冬で夜の散歩もできるかも…。この時期、奈良にお越しの方は、是非 「なら瑠璃絵」を楽しんでいただければと思います。

さて、今日のお料理のご紹介です。ハクサイは、煮て良し、炒めて良し、お漬け物にして良し。そして、鍋料理には欠かせません。今、本当に美味しいですね。そのハクサイを塩もみし、リンゴ・湯がいた菊菜とともに、和え物にしました。ハクサイの軸の部分は、3センチ程の長さの千切りにしています。縦の繊維を長く残すことで、シャキッとした食感を保ちたいからです。これに、醤油と絞った生の柚子を和えると、シンプルてすが、とっても爽やか~(^o^)。しっかり火を通した煮物が多い 冬場の料理の中で、「箸休め」として もってこいの一品です。 by ichi

丸大根の煮物/Stewed radish


新年の恒例行事?で、今年も薬師寺へ参拝に行きました。三が日はとっくに終わって、雨も降っていたせいか、参拝者は少なく、ゆっくりとお詣りできました。長い間 修復工事のため、覆いで囲われていた東塔(とうとう)が、もうその姿を表しています。まだ工事は完遂しておらず、クレーン車が近くに停まっていました。公開は この春になるそうです(→こちら)。西塔(さいとう)と東塔の揃い踏みまで、あともう少し…春が楽しみです!

さて、今日のお料理です。近所の方から、丸大根(「大だいこん」とも言います)をいただきました。徒歩1分、すぐ近くの畑で作っておられるので、これぞ チョー「身土不二(しんどふじ)」!(^^;; 冬ならではの この大根ですが、ご存じない方もいらっしゃいます。私は、両親が好きだったので、ずっと以前から馴染みがあり、冬場はよく食べました。形は聖護院かぶらのように、丸くて大きい。水分が多くて柔らかく、煮崩れを起こしやすいので、煮過ぎないように注意が必要です。土鍋でコトコトと炊いて、火を止めてから冷めるまでそのままにしておき、じっくり味を含ませました(^_-) by ichi

わけぎのぬた和え


暖かい師走の入りとなりましが、一転 寒くなりました。暖かさに体が慣れていたので、結構きついです(^^;;。中旬に入ってから、ようやく 冬 恒例の、靴下の2枚履きを始めました。寒くなっても、適度に運動はしたいもの、お気に入りの尼ヶ辻往復コースを、時々散歩しています。垂仁天皇陵の池に、沢山の水鳥がいました。何かと気忙しい師走ですが、何とものんびりした風景に、心が和みました。

さて、お料理のご紹介です。「わけぎのぬた和え」です。わけぎは、春と秋と年に2度出回ります。春はまだ寒さが残る頃、秋は晩秋の寒さが、このお野菜を美味しくしてくれるようです。ねぎとは違った旨味と甘味、とろっとしたところに、滋養と美味しさがあると心得ていますので、なるべく切らずに長いまま湯がきます。網で焼いたうすあげの おこげの芳ばしさも、このお料理には欠かせないポイントだと、密かに思っています^o^(左写真クリックで拡大) by ichi

キノコの料理 2種/正倉院展 2018年


今、奈良国立博物館で正倉院展(第70回)が開催中です(10月27日~11月12日)。週末は、開館前から長蛇の列だそうです。1,000年以上も前の宝物の年1回の展示は、やはり見ておきたいのですが、今年は行けるかな~。仕事もプライベートも結構詰まって来ています(^^;; それはそれで、ありがたいことです。

さて、本題。秋はキノコが美味しいですね~。今日のお料理は、キノコの料理が2つです。「キノコのマリネ」と「エリンギ炒め」 、どちらもキノコの旨味と食感が美味しいです(下写真、各々クリックで拡大)

先月、博多から料理研究家の方に来ていただき、「かぼす胡椒」を作りました。(「かぼす胡椒」についてはまた後日紹介したいと思いま~す)。その時にできた”かぼす”の絞り汁をマリネにもエリンギ炒めにも使います。かぼすの香りと程よい酸味が料理に加わり、非常に爽やか。料理の「角」を和らげ、丸くしてくれます(^^) by ichi

オクラのスープ


奈良の五條市へ行ってきました。うちの住所が「奈良市五條」なので、たまに五條市と間違えられることがあります。まだ実家に住んでいた頃、母とここの温泉に2~3回行ったことがあります。それで一度温泉に入りに行ってみようか…ということになり、danと車で出かけました(→温泉についてはこちら参照)

温泉の近くにある五條新町通りには昔ながらの町並が保存されています(上写真)。古い物は、江戸時代の建造物です。この町並みを見学しようと歩いていると、土手のようなものが見えました。引き込まれるようにそちらに向かって歩いて行き、土手を登ると……思わず わあー!と叫びました(下写真)

川とその川向こうに山々が!ここに、こんな素敵な風景があったなんて!温泉と新町通りを目当てに来たのですが、思いもよらず 心安らぐ風景に出会えました。まだまだ奈良も、知らない良い所があるものです。

さて、本題。今日のお料理のご紹介です。一つ前のブログで、佐賀の「紘(ひろ)」さんをご紹介しました。そちらでいただいた「オクラのスープ」が美味しかったので、私も作ってみました。ほんの少し玉ねぎを入れて、玉ねぎの甘味を加えました。オクラの粘りが、トロンと喉に落ちて行きます(左写真クリックで拡大)。 朝夕涼しくなってきたとはいえ、まだ暑さが残るこの時期、爽やかなグリーンが心地よく感じます(^_-) by ichi

長芋の寒天寄せ


残暑が厳しいですね~~~(*_*)。もうすぐ9月だというのに、この暑さ、この日射し…。それでも、夕方の散歩や出掛ける時に、以前の同じ時刻よりも影が長くなっていることに気づきます。トンボが飛び、つくつくぼうしが鳴く…。もはや、真夏とは違うということも感じます。そろそろ夏の疲れが出て来る頃です。そして、体は秋を迎える準備をしていきましょう。暑くても、冷たい飲み物や食べ物を少しずつ減らしていくことが、大切です(^o^)

右上の写真は垂仁天皇陵(尼ヶ辻)。店主のお気にいりの散歩コースからの眺めです。

さて、今日のお料理です。まだまだ、涼しげでサラッと食べやすいものが、喜ばれます。長芋の寒天寄せ(養老豆腐とご紹介することもあります)は、料理の白さが、涼を誘います。トッピングは、すりおろした胡瓜に、塩・オリーブオイルなどを混ぜて作りました。真っ白な長芋のキャンバスに、緑が映えます(^^) by ichi

もっちもち じゃが芋焼き


先の3連休は、台風18号に翻弄された日本列島でした。みなさんの所は、大丈夫でしたか?奈良は、寝ている間に通り過ぎた、という感じでした。台風が来る前に、尼ヶ辻まで散歩がてら、久しぶりに歩いてみました。田んぼは、もう稲穂が頭を垂れています。そこに、こんな案山子が…!ミニオン案山子は、多分、今年初登場だと思います(写真、各々クリックで拡大)。こんな案山子なら、きっと作るのも、楽しいだろうな~(^^)

さて、本題。今日のお料理です。マッシュしたじゃが芋に、みじん切りにした玉ねぎと人参を混ぜて、つなぎに小麦粉を入れて焼きました。モチモチの食感が、たまらなく美味しい!仕上げに、醤油の風味を少し加えると、更に美味しさがアップします(左写真クリックで拡大) by ichi