Tag Archives: 大根

大根のステーキ/Japanese white radish steak


先の3連休に、1泊2日で多武峰(とうのみね)に行きました。多武峰や談山神社(たんざんじんじゃ)は、ずーっと前から知っていたのですが、訪れる機会がないままでした。何となく、とても遠くて「秘境」のように思っていましたが、実は 明日香村から車で15~20分位の距離。20代から既知の場所に、ん十年越しで、やっと行くことができました(^o^)。2日目にお詣りした談山神社は、十三重の塔(右写真)と紅葉の美しさで有名ですが、こんな真冬にお詣りしたにもかかわらず、とても気に入りました。また季節を変えて、是非行きたいと思っています。知らなかった奈良のええとこ、また一つ増えました(^_-)

その日のお昼ご飯は、飛鳥寺のすぐ近くの「山帰来/さんきらい」というお蕎麦屋さんで。ここは、暮れに あす香にご来店くださったお客様に教えていただいたお店です。久しぶりに美味しいな~と思えるお蕎麦を食べました!細くて繊細な蕎麦はコシがあって香りも良い。藤色の辛み大根は薄紫が美しく、程よい辛さでした。教えてくださったお客様に感謝です。こちらは蕎麦の予約はできますが、席の予約はできません。12時過ぎに行ってみると激混みで、1時間後に、席が空きましたと、やっと電話で呼んでもらえました。

さてさて、ここからが本番、あす香のお料理のご紹介です(笑) 寒さのお陰で、大根が美味しい~~~!1センチ強に輪切りにした大根を、土鍋でコトコトと炊き、下味をつけておきます。1日置いてしっかり味を染み込ませ、フライパンで焼きます。うっすら焦げ目が付くくらいまで焼き、最後の仕上げは、醤油と味醂を加えて強火に。ジュウジュウという音と芳ばしい香りが、もう堪りません。お箸がスッと通る位の柔らかさですが、召し上がっていただきやすいように、隠し包丁を入れて盛り付けます。水分と旨みたっぷりの大根を、じっくりと味わっていただいています(^^) by ichi

大根のステーキ


いとこからもらった大きな大根、5本ほどあったでしょうか。いろんな料理を作りましたが、最後の1本になりました(右写真クリックで拡大。新聞紙と比べると、その大きさが分かります)。 大根を大きめに切ってコトコト炊き、下味をつけて味を染み込ませます。表面に粉をつけてフライパンで焼いて、大根のステーキとして召し上がっていただいています。噛むごとに、大根の旨味と醤油の風味が楽しめます(^^)

さて、2月は例月よりも3日間少ないので月末はバタバタします。そして気がついたら、もう3月!しかも中旬に差し掛かろうとしてます。寒さが戻る日もありますが、随分春めいて来ました。美味しい大根をいただけるのも、もうしばらくかな…(左写真クリックで拡大)。春の訪れを嬉しく思いつつ、真冬の美味しさが去っていくのを、ちょっと残念に思う、複雑な今日この頃です。 でも、春には春の美味しさが、スタンバイしてくれてますね!(^_-) by ichi

丸大根の煮物/生姜湿布


danが昨年(の秋頃からだったかな?)から耳鳴りがする、と言っています。医者に行っても余り良くなることもなく、そのうち医者に行くのもやめてしまいました。良くなったり、また悪くなったり、時には難聴の症状まで出ます。「生姜湿布」をしようか…と言いつつ、なかなかできないまま年が明け、2月になり…。で、意を決して(笑)、やってみました。

すると、嬉しい反応が!湿布をし始めて3日目に「右耳は耳鳴りがしなくなった」と言うのです。腰痛で歩けなかったご年配の方が、1週間で痛みもなくなり、歩けるようになったこともあります。やっぱり生姜湿布は凄い!とあらためて思いました(→生姜湿布のやり方は こちら でご確認下さい)

さて、本題。今日のお料理の紹介です。丸大根の煮物を作りました(左写真クリックで拡大)。この時期は春めいた日もあれば、まだまだ寒さが厳しい日もあります。寒い日はやっぱり熱々の煮物!ですよね。私にとって、冬ならではの「お楽しみ」の野菜は、下仁田ネギと、この丸大根。(勿論、他にも美味しいものは、いっぱいありますが…。)今日も柔らかく、美味しく炊けました(^^) by ichi

千切り大根煮


落ち葉が舞い散る季節、毎日庭の木が沢山葉を落としています。ハナミズキに続いて、今はモクレンがどんどん身軽になって行き、毎日「落ち穂拾い」ならぬ「落ち葉拾い」です 。ハラハラと葉が散る様は晩秋の風情、ちょっぴりセンチメンタルになります(^^)

さて、今日のお料理は「千切り大根の煮物」です。地味ですが、大切な基本のお惣菜です。大根は干すことで、旨み・甘み・滋養が増します。調べると、生の大根に比べて、干した大根の成分は右上の表のようになるそうです。千切り大根(切干大根)は重量が10分の1になることを割り引いても凄いですね!(→こちら参照)

乾物は保存食でもあり、ありがたい食材です。戻すのが面倒、と敬遠されがちですが、慣れればそう面倒でもなくなります。毎日の食卓に、欠かさず用意したい一品です。今日は、大豆・しめじ・うすあげなどと一緒に炊きました^_-(左写真クリックで拡大)  by  ichi

まだまだ煮物が美味しい!


今週はこの冬「最強」と言われる寒波が、やって来ました。各地で大雪が降ったようです。皆さんの所は、大丈夫でしたか?奈良は月曜日に雪が降りましたが、大したことはなかったです(右画像は福井県の大雪の様子。クリックで拡大)。その後寒さが徐々に緩み、ホッとしています。寒くても、春はすぐそこに…。そんな風に感じる日差しの柔らかさです。

春をひたすら待つこんな時期は、まだまだ煮物が美味しいですね。そこで、大根・人参・ハクサイで煮物を作ろうと、重ね煮・蒸し煮を始めました。あっ、干し椎茸の戻したものがあったな、あれも入れよう、と思いつきました。さらに、そうそう、野菜の旨みが、高野豆腐に染み込んだら美味しいな… と、急きょ高野豆腐を戻しました^o^(左写真クリックで拡大)。煮物を作ると、普通は野菜のかさが減るのですが、途中で2つも追加したため、結局鍋いっぱいの煮物を作ってしまいました(^^;; 。お客様に沢山召し上がっていただきたいと思います。  by  ichi

ふろふき大根


寒いですね~(*_*)。日本列島全体が、冷凍庫に入ったような感じです。各地の降雪(吹雪?)にビックリ。ニュースを聞いていると、場所によっては約50年ぶりの大雪だとか。もうすぐ立春だというのに、“冬将軍”はまだまだ元気なようです。つくづく春が待ち遠しく思います。

さて、今日は冬ならではのお料理をご紹介します。大根の料理ではお馴染みの「ふろふき大根」、シンプルな料理ですが、お陰で大根の旨味がよくわかります。大根を1センチ強に切り、そのまま鍋に入れて炊く、それでも良いのですが、面取りをして、十字に隠し包丁をして…と、ひと手間かけると、その分より美味しくなります。土鍋でじっくりと時間をかけて炊きました。添えるお味噌は、米味噌か白味噌、甘めのお味噌が私の好みです。普通は味醂やお酒でお味噌を伸ばしますが、大根の煮汁で伸ばすと、とても優しい味になります^_-(左写真クリックで拡大)  by  ichi

大神(おおみわ)神社/大根のステーキ


大神神社に初めて行きました。ここは日本最古の神社の一つ、と言われています(→公式サイト 参照)。三輪山が御神体のこの神社は、鳥居に近づくと、とても清らかで強い「氣」を感じました(右写真クリックで拡大)。平日にもかかわらず、お詣りの人も多く、信仰の厚さが伺われます。

摂社に狭井(さい)神社と檜原神社があります。時間の都合で檜原神社には行かず、狭井神社だけお詣りしました。「薬井戸」から湧き出る御神水が飲めるようになっています。勿論いただきました。美味しい!大神神社に行かれる方は、是非狭井神社にもお詣りして、御神水をいただいて下さいね。元気が出ますよ~(^^) また行きたいなー、と思うと同時に、いつか三輪山にも登ってみたいな、と思いました。

さて、お料理ですが、寒いこの時期は、大根がとっても美味しい!その美味しい大根でステーキを作りました。予め薄味で炊いた大根を、片栗粉を付けて焼きます。一口食べると、大根の旨味と水分が、じわっと口の中に広がります。うーん、最高!春大根に変わる前に、是非とも味わっていただきたい一品です(^_-)  by ichi

大根の味噌煮


秋の深まりと共に、紅葉も進んで来ました。朝晩は、かなり寒くなりました。こんな季節は、温かい煮物が嬉しいですね。根菜も段々美味しくなって来ました。時々、土鍋で料理をすることがありますが、マスタークックの土鍋を使っています。

この土鍋は優れもので、煮物が本当に美味しくなります。土で出来た鍋には、やさしい温もりがあるからでしょうか。鍋が温まるまでは、少し時間がかかりますが、一旦熱くなると、保温力があるので、結局出来上がりが速くなるように思います(あす香では”3合深鍋”を使っています)。今日は、大根の味噌煮を作りました。 土鍋でじっくりコトコトと、煮込みました。柔らかく炊き上がった大根から、旨味がじゅわっと出て来ます^^(左写真クリックで拡大)    by  ichi