Category Archives: 日記

おから/Soy pulp


映画「えんとつ町のプペル」を観ました。原作者の西野亮廣さんには、以前から注目していましたが、映画については、Fbで数人の友だちが、「良かった!」という投稿をしていたこともあり、観に行こうと思ったのでした。期待を裏切らず、最後は感動して泣けるものでした。今の世界とオーバーラップして観ていました。あまりいろいろ書くと、ネタバレになりますので、ここまでにして…。

アニメといえば、やはりジブリ映画になりますが、ジブリ映画の絵に慣れているからか、このアニメの絵は、新鮮に感じました。ルビッチ少年の声を担当した芦田愛菜ちゃんも上手だったし、志の輔さんも、声優として出演。それがきっかけで、最近 また 志の輔さんの落語を聴いている次第です(*^^*)

ちなみに、映画の公式サイトで絵本原作が無料公開中です(→こちら)。原作と映画はストーリーが少し違うため、絵本を読んでから映画を観ても多分、大丈夫(^^;;

さて、お料理の紹介です。ふと おから食べたいなー、思っていたら、おからがやって来ました(笑) 滋賀のお客様が、持ってきてくださったのでした。嬉しいな~!ということで、モチロンすぐにおからを炊きました。おからは、先ず乾煎りして大豆臭さを飛ばします。これに、結構 時間がかかります。たくさんいただいたので、3回に分けて煎りました。佐賀での修業時代、時々 みのりさんが、お豆腐屋さんから大量におからをもらって来て、「ここのおから、美味しいんよねー」なーんて喜んでおられましたが、誰が煎るねん…!と(全て私の仕事でした) 内心ちょっと暗くなってました。今では、笑える思い出の一つ。

さてさて、今回も美味しいおからができましたよ~(^.^) 人参・干し椎茸・こんにゃく・うすあげ・ネギなどを入れて、しっとりと仕上げました。具だくさん、食物繊維、たっぷりです(^_-)☆ by ichi

さつま芋とリンゴのきんとん/Mashed sweet potatoes with apples


この週末は、お正月飾りを焼く「お焚きあげ」が、近所で行なわれます。これで、今年のお正月も本当に終わり、みたいな感じです。そして もう月半ば……。元日から大好きなゆの里温泉に行って、のんびり過ごすも、その帰りにスマホを落として大慌てだったり(すぐに、無事 戻って来ました!親切な方に拾われて、良かった。感謝!)、月一回の楽健法の合宿が既に終わったりと、なかなか濃い半月でした。スマホの件は、今年はうっかりミスが多いかも……気をつけるように との暗示かと 受け止めています。と思いつつ、もす既に いろいろやっちゃってますけど(笑)

 さて、今日のお料理です。お節にもよく入れる(今年も 入れました)一品、「さつま芋とリンゴのきんとん」です。調味料は、塩のみ。さつま芋とリンゴの甘味を、丸ごとそのままいただけます。作り方は簡単ですが、さつま芋の裏ごしが、ちょっと大変かなー(^^;;。これは、以前 大阪のお店時代に、アルバイトで来てくれていたTちゃんに教えてもらったレシピです。今でも、年賀状のやり取りはしていますが、作る度に、「Tちゃん、元気かなー?」と彼女を思い出します。今回は、鳴門金時と安納芋をミックスして作りました。自然な甘味と、しっとり感が美味しい きんとんです。  by ichi

 

お節料理/Japanese new year dishes


今日は、毎年恒例の?「我が家のお節」大公開です。毎年、暮れは余り余裕がなく、今年こそ、(年賀状書きや掃除など)何でも早めにやってお節を作る時間をしっかり作るぞ!と思いながら、今年はいつも以上に時間がありませんでした(汗)。年賀状を書き始めるのは遅かったし、22日に鳥羽へ一泊で行ったり(この日、海から昇ってくるご来光を拝みました)、さらにクリスマスには疲れが出たのか、半日ダウン…(^^;;

結局、お節料理は、30日と31日の2日間で、ささっと作る羽目になりました。予定していた物を時間がないからと他のものに変更したり、やっぱり無理と省略したり。それでも何でも、大晦日の夜に盛り付けが終わった時は、やったねー!という満足感がありました(^o^)。そして懲りもせず、今年の年末は、もう少し余裕をもって過ごすぞ!と自分に誓うのでした(笑) by ichi

あけましておめでとうございます 2021年/Happy new year 2021


三が日が終わって、少しずつ お正月気分も薄れて行く頃でしょうか。あけまして おめでとう ございます。皆さま、穏やかに新年を迎えられたことと思います。今年も あす香を どうぞよろしく お願いいたします。

今年も、昨年同様に、心に感じたままに行動し、ご縁を広めたいと思います。お料理も、もちろん楽しんで作ります!一つ やってみたいな~と思っていることがあります。昨年、楽健寺酵母を使って、天然酵母のパンを焼くようになりました。酵母が少なくなると、その都度、酵母を増やして常にストックしていますが、この酵母を料理にも使うつもりです。この楽健寺酵母、凄くパワーがあるのです(^_-)

少量の酵母を元種にして、リフレッシュした時には、一旦 倍以上に膨らみます。表面にプクプクと気泡が出来るさまは、生きてる~!呼吸してる~!と感じます。まさに、生きたお米、玄米に通じる所があります。早速、いろいろと 試してみたいと思っています。ワクワク o(^o^)o

皆さまと共に、この一年も、美味しい!楽しい!を求めて行きたいと思います。しばらく寒い日が続くようですが、皆さまのご来店を 心より お待ちしております(*^^*) by ichi

2020年が終わろうとしています/2020 is over soon.


2020年が間もなく終わります。今年 ご来店くださった皆さま、ありがとうございました。来年も、美味しいものを作って、喜んでいただけるように、そして、楽しい時間を過ごしていただけるように、努めたいと思います。

今年は、個人的には、ご縁が大変広がった一年でした。昨年から始めた楽健法は、セラピスト養成講座に進み、新しい出会いを沢山いただきました。他にも、興味の湧くもの、ピンと来たものには出かけて行き、そこでも素晴らしい学びとご縁をいただいたのでした。振り返ると、とても充実した一年だったと思います。

《今年のブログでご紹介した料理》


(左上より順に 03/06  04/18  07/05  07/25  08/16  09/21  10/24  11/23

2020年は、新型コロナを抜きにしては語れない一年となってしまいましたが、それについては、フェイスブックで、とても共感できる投稿がありましたので、リンクしてシェアしておきます。ご興味があれば、(少し長いですが)是非 読んでいただければと思います(→こちら

それでは、佳い新年をお迎え下さい。来年も、皆さまのご来店を、心からお待ちしております(^o^) by ichi

大根とキクイモの炒め煮/Stir-fried radish and jerusalem artichoke


師走に入りました。何だかもう気忙しく感じます。この一年、元気で過ごせたことが、何よりありがたく思います。先日、ご近所さんから、金柑をいただきました。さて、どうしよう?ネットで調べてみると、蜂蜜浸けが紹介されていました。輪切りにして種を取り、蜂蜜で浸ける、というものです。一日置いたらもう食べられる、というのも嬉しい。早速作ってみました。

紅茶に浸けた蜂蜜と金柑を入れて、飲んでいます。紅茶がほんのり甘くなって美味しい!紅茶を飲み終わったら、カップに残った金柑ももちろん食べています(^_-)。この前、喉がザラッとした感じだったのですが、この金柑漬けの蜂蜜を、喉にゆっくり通す感じでほんの少し飲むと、すぐに喉のざらつき感が無くなりました(^o^)

さて、今日のお料理です。キクイモが出始めましたね。「天然のインスリン」と呼ばれるキクイモは、血糖値を下げる効果があると言われています。他にも、血圧の上昇を抑える、腸内環境を整える、免疫力を上げる、など 良いことずくめ。最近は、いろいろな所で見かけるようになりました。クセがないので他の野菜とも合わせやすく、とても使いやすいです。糠床に入れておくと、3日ほどで浸かります。シャキシャキとした歯ごたえを損なうことなく いただけます。

今日は、大根と一緒に炒め煮に。キクイモは火を通しすぎると煮崩れしやすいので、料理を終える頃合いには気をつけました。仕上げのタイミングで細かく刻んだ大根葉を入れて、さっと炒めます。大根葉のグリーンが、料理全体を引き締め、引き立てます。 盛りつけてから柚子を絞ると、香りの爽やかさが一層食欲を刺激します。 by ichi

豆乳のクリーム煮/Simmering in soy milk cream


先月、水仙の植え替えをしました。3つのプランターに植えていたものが、ここ2年ほど葉ばかり伸びて、花はひとつか2つしか咲かなくなっていました。球根が大きくなって土の中がぎゅうぎゅうに詰まって来たようです。プランターと鉢6つ、そして地植えにもして、「密」状態(笑) を解消。芽が出て葉がすくすくと伸びて来ています。来年の1月には、清らかな白い花と爽やかな香りが楽しめると期待しています(^^)。1月~2月は花の少ない時期でもあるので、水仙が沢山咲いて真冬の寂しい庭を少しでも賑やかにしてくれたらなー、と思います。

さて、今日のお料理の紹介です。煮物が恋しい季節になって来ました。ハクサイや かぶらで、豆乳のクリーム煮を作って、召し上がっていただいています。味付けは塩だけです、とお話しすると、やはり びっくりされます。「えー!こんなに甘いのに、お塩だけー!」そうです、野菜の持ってる旨味・甘味って、凄いんですよ。海水からきちんと作られた良質のお塩は、ミネラルをたっぷり含み、野菜の旨味を存分に引き出し、引き立ててくれます。この冬も、クリーム煮は、あす香の定番となりそうです。 by ichi

お気に入りの器で…秋の3種盛り/My favourite tableware…3 kinds of dishes in autumn


10月末に法起寺へコスモスを見に行きました。ほぼ毎年の恒例行事です(*^^*)。もう時期的に遅いかなー、と思いつつ、行ってみました。お天気も良く、お出かけ日和だったせいか、所々 道が混んでいました。程なく到着。コスモスはちょうど見ごろ!本当に良い時に来たものです。スマホ片手に、ゆっくりコスモス畑を散策、風に揺れる美しいコスモスと、バックに見える法起寺の三重の塔を、堪能できた秋の午後でした(^^)

さて、お料理のご紹介です。「秋の3種盛り」と称してお出ししているお料理。今回は「きのこのマリネ」「冬瓜の葛煮」「里芋/さつま芋のゴマ味噌和え」です(下左写真)。その日によって、お料理が替わりることもあります。今、一番美味しい旬のものを3~4種、召し上がっていただいています。器は、チョーお気に入り。下右写真のように、3ヶ所に盛り付けられるようになっているので、違う料理を一緒に盛り付けても、味が混ざることなく、とても使いやすいです。また、長方形のお皿は、丸や正方形の器が多い中で、見た目の変化も楽しんでいただけます(^_-) by ichi