Tag Archives: 料理

まくわ瓜・オクラ・つるむらさきの和え物


この夏の暑さ、凄いですね~(>_<)。もう朝の9時頃から、毎日30度を越える勢いです。それまでに、庭掃除と水やりを終え、トイレ掃除もして…ここまでで、すでに汗ぐっしょり(^^;;

最近 夕方に街中?にいると、浴衣を着た女性を、チラホラ見かけます。お祭りや花火大会へと行かれるのでしょう。やはり浴衣姿を、それとなくですが、じっと見てしまいます。着付けの具合い、帯結び、コーディネート…その方の雰囲気に合うような物を、選んでらっしゃるなー、と思います。暑さで浴衣を着る気にならない(出す気にさえならない)私は、浴衣姿の女性に、心の中でエールを送っています(^o^)q

さて、今日のお料理です。まくわ瓜、ご存じでしょうか?お越しくださったお客様に紹介すると、ご存じの方、知らないとおっしゃる方、大体半々くらいでしょうか。皮が、薄い黄色の瓜です。生で、和え物やサラダに使います。ほんのり甘味があり、塩を少しまぶしておくことで、ちょっぴり甘味が増します。さっと湯がいたオクラと、ツルムラサキと共に、和え物にしました(左写真クリックで拡大)。醤油・オリーブオイルなどを、お酢やレモンと組み合わせて、少し酸味の効いた味付けが、食欲を増し、暑さを和らげてくれます(^_-) by ichi

トマトのマリネ


今年の梅仕事は、早くも終わりました。11キロ(何故に11キロ? 笑っ)を4回に分けて、天日干し。早い梅雨明け、カンカン照りの毎日のお陰で、台風が来る前に全部済みました。カビも付かず、順調でした(右写真)。昨年浸けた分も、まだあるし、梅味噌和えや梅煮など、料理にもボチボチ使っていこうと思います(^^)

さて、今日ご紹介するお料理は、「真っ赤な大陽」を想わせる、完熟トマトのマリネです。ハッとするような鮮やかな赤いトマトは、料理に華を添えます。オリーブオイル・塩・胡椒などでマリネ液を作り、半日浸けただけの 簡単マリネです。そのまま食べても美味しいトマトですが、ほんの少しの手間で、また違った味わいになります^_-(左写真クリックで拡大)。 by ichi

葛きりのサラダ


6月後半、お陰さまで、忙しくバタバタとしてる間に、7月に突入しました。6月の料理教室のブログも、書けないままになってしまいました。参加してくださった皆さん、ありがとうございました。7月は雨続きで、各地で被害が出ています(右画像)。テレビで見る状況は、びっくりするものばかり。どうぞ、皆さんがご無事でありますように。そして、これ以上 被害が大きくなりませんようにと願うばかりです。

さて、あす香のお料理は、いよいよ夏の献立になって来ました。茄子・きゅうり・トマト・トウモロコシなど、暑さを和らげてくれる夏野菜は彩りも鮮やかです。今日のお料理は「葛きりのサラダ」です(左写真クリックで拡大)。透明感のある”葛きり”は、いかにも涼しげ。弾力のある”葛きり”に、たっぷりの野菜や海藻を絡めて召し上がっていただいています(^o^) by ichi

えんどう豆とトウモロコシの蒸し豆腐


梅雨時は梅を浸ける季節、今年も10キロほど浸ける予定です。先日、3キロの梅を買いました。きれいに洗い、ザルに上げて水分を切ります。この梅から甘酸っぱいような、爽やかな良い香りがしてきます。じとっとした季節ですが、この梅の香りのように爽やかに暮らしたいものです。

さて、今日のお料理の紹介です。「蒸し豆腐」(よく、精進料理では「擬製豆腐」と言われます)は、いろんなバージョンで作りますが、今回は えんどう豆と 出始めたトウモロコシで作りました。

梅雨の蒸し暑さを、涼しげなお料理で和らげていただきたいと思います。しっかり水切りしたお豆腐は、すり鉢でするよりも、裏ごしした方が、断然滑らかな仕上がりになります。この ひと手間、大切なお客様に召し上がっていただくために、決して惜しみません(^_-) by ichi

大豆と えんどう豆の和え物


6月になりました。梅雨入りもまもなくでしょうか…。鉢植えの紫陽花が1週間位前から咲き始めました(右写真クリックで拡大)。日に日に花が(正確にはガクですね)大きくなってきています。蒸し暑い、うっとうしい梅雨の季節も、紫陽花の咲き姿に、慰められそうです。昨年は紫陽花の季節に、長谷寺へ行きました。今年は、もっと近くの紫陽花の名所「矢田寺」へ行こうかな、と思っています。

さて、本題。今日のお料理です。「大豆とえんどう豆の和え物」とタイトルはなっていますが、えんどう豆はどこに…?(下左写真)

はい、右写真でお分かりだと思いますが、えんどう豆はゆがいて裏ごしして、和え衣にしたのでした。裏ごししながら、その緑の美しさに見とれてしまいました。思わず和え衣となったえんどう豆からは、甘味もしっかり感じられます(^^) by ichi

久しぶりの料理教室 2018年5月


しばらくお休みしていた料理教室を、この5月から再開しました。約1年ぶりの教室でしたが、気心の知れた方々にお集まりいただいたこともあってか、緊張することもなく、楽しくさせていただきました。今まで自分が教えていただいたこと、お店をしながら学んできたこと、経験したことを、どんどんお伝えしていきたいと思っています。料理の作り方だけでなく、作り手の心や、野菜の命をいただく有り難さ……ハード面・ソフト面、いろんなことからお伝えできればと思っています。

この日のメニューは、「巻き巻きキャベツの醤油浸け」「春キャベツの和え物2種(ひじきとの和え物と味噌和え)」「豆腐バーグ」の3品でした^^(上写真、各々クリックで拡大) by ichi

豆腐のキッシュ


この数ヵ月の間に、「神様の時間調整」という話を、お2人の方から聞きました。どんな話かというと… 出がけに電話がかかってきて、乗るはずだった電車に乗り遅れる。またある時は、運転していたら、やたら赤信号に引っかかる。こんなことって、有りますよね。でも、これは実は、神様が時間調整してくださってる、ということらしいです。

たとえば、予定の電車に乗れなかったけど、お陰でその駅で、久しぶりに友だちに会った、次の電車を待つ間に入った本屋で、ステキな本を見つけた。信号にやたら引っかかったお陰で、遭遇したかもしれない事故を回避できた…。こうした一見ツイテないような出来事も、本当は神様の時間調整が働いているかもしれない、という話でした。

つい最近 京都駅で、乗る予定の電車が6分遅れというアナウンス。乗継ぎのバスに間に合うかなー、と心配になりましたが、神様の時間調整の話を思い出し、イライラすることもなく、電車を待つことができました。バスにも無事間に合い、良かった!特にこれと言ったラッキーはなかったけど、無駄にイライラ焦ることもなく過ごせたのは、この話のお陰だったな、と思います。

では本題。今日のお料理の紹介です。豆腐をベースにした「キッシュ」を作りました。全粒粉と地粉をミックスした、手作りのタルト台に、豆腐と玉ねぎやシメジなどの野菜を混ぜたものを詰めて、オーブンで焼きます。豆腐の生地に、すりおろした長芋を入れているので、フワッとした仕上がりになりました。ふんわり豆腐の中に野菜の旨味をしっかり感じます。アッサリとしているので、2つくらい ペロリと食べられそうです(^_-) by ichi

若ごぼうの煮物


青空に新緑が映える季節、皆さま いかがお過ごしでしょうか?ごくたまにですが、スマホを忘れて出かけることがあります。つい最近、やってしまいました。スマホがないと、やはり不安で、落ち着かないのですが、まあ仕方ないと腹をくくると、無くても案外大したことない(勿論、とても困る時もあります)。ちょっと前に、あるカフェに行った時に、スマホを忘れて行ったのでした(^^;;

カフェで一人でお茶する時は、大概 先ずスマホをいじってしまいます。そのまま少しスマホをしていたり、一旦止めて、違うことをしていても、またスマホに戻ったり。私は、カフェには、いつも2つ3つ、やりたいことを持って行きます。本・雑誌・葉書セットなど。スマホが無いと、その分 やりたいことに時間を費やせるので、結構濃い充実した時間を過ごせました。う~ん、たまには、スマホから離れるのも良いかな~。かと言って、わざと置いて出かける勇気も、なかなか無いと言うのが、正直なところですf(^^;

さて、今日のお料理です。春のこの時期だけ出回る「若ごぼう」。根っこだけでなく、葉っぱも茎も全ていただけます。但し、葉っぱは、とても苦くて食べづらいので、私はいつも使わないのですが…。根っこの、短く可愛いゴボウは、柔らかくてアクも少ないように思います。根っこを炒めて蒸し煮して、柔らかくなったら茎も入れて、更に蒸し煮します。根っこには、ゴボウ本来の甘味が、茎の部分には、春の野菜のホロッとした苦味が少しあります。そして、ゴボウ独特の香りや歯ごたえに加えて、若々しい力みたいなものを感じます。短い旬を、じっくり料理して、よく噛みしめていただきました(^^) by ichi